[869] おん礼 投稿者:寒川猫持 投稿日:2008/05/07(Wed) 17:13 <HOME>
 ご錦歌集「雨の日の回顧展」
ありがたく拝受仕りました ご活躍嬉しく存じます
とりいそぎおん礼のみを

[865] 折句 かとのまつ 投稿者:波江究一 投稿日:2008/01/05(Sat) 15:17 <HOME>
現代いろは歌と折句短歌のブログを運営いしてゐる波江です。久しく更新を休んでをりましたがこのほど気分をあらたに再開致しましたのでその挨拶まで下記折句一首。

かとのまつ

かなしみを遠ざけ置きてのどかなる街をあゆめば月ややに出づ

今年は太陰太陽暦にいふ十一月二十三日の「年明け」ですから月は宵待ち月になります。

折句 http://yamatouta.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_49d5.html
いろは歌 http://blue.ap.teacup.com/applet/roha/


[811] 「フォルテピアニシモ vol.1」 投稿者:伊津野重美 投稿日:2007/07/08(Sun) 20:47 <HOME>
いつもお世話になっております。
告知を失礼いたします。


伊津野重美のファーストソロライブになります。
ゲストとして歌人の穂村弘さんをお迎えし、共演します。
なお、ドラムのサポートも入り、アフタートークでは、
穂村さんと詩人のヤリタミサコさんと、お話できることになりました。
ぜひたくさんのみなさまにご来場いただければと、願っております。

============================

「フォルテピアニシモ vol.1 〜魂を迫り上げるように〜」
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/fp.html

日時 7月22日(日)12:30 開場/13:00 開演

場所 STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
    TEL:0422-23-2251

料金 2,500円(別途ドリンク代)

出演 伊津野 重美(朗読)
共演 穂村 弘(朗読)/東郷 生志(Dr.)

アフタートーク
 穂村 弘(歌人)/ヤリタ ミサコ(詩人・東京ポエケッ ト主宰)
 伊津野 重美(歌人)

チケット店頭販売 6/22(金)16:00より
メール予約 6/23(土)朝10:00より受付
 宛先 fpp☆50onzu.com(☆を@に置き換えてください)
件名「チケット予約」
 本文 お名前、枚数、電話番号 を明記して送信してください。
 確認メールが届いた時点で予約完了となります。
 3日以上経っても確認メールが届かない場合は再度メールして ください。

*小学生以下のお子様のご来場は、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ:フォルテピアニシモ fpp☆50onzu.com
(☆を@に置き換えてください)

============================


[788] ~變忌シンポジウム「恂{邦雄を論ずる」 投稿者:魚村晋太郎 投稿日:2007/05/01(Tue) 21:26 <HOME>
加藤治郎さま
お世話になります。魚村晋太郎です。
シンポジウムの御案内をさせて下さい。
よろしくお願い申し上げます。



早いもので、恂{邦雄が他界してもう二年が経過いたします。
墓所は京都市上京区の妙蓮寺にありますが、昨年、福島泰樹氏の御厚意により、
氏が住職を務められる法昌寺へ分骨が行われました。
この度、三回忌にあたる6月9日に、加藤治郎さん、坂井修一さん、藤原龍一郎さんの三氏をお迎えして「恂{邦雄を論ずる」シンポジウムを開催いたします。
加藤さんをはじめ、お三方には貴重な御意見をお伺いできることと今から楽しみにしています。
恂{邦雄と前衛短歌、そして現代短歌について再考する機会として、
是非、多くの皆さまに御参加頂きたくお願い申し上げます。



~變忌シンポジウム「恂{邦雄を論ずる」

日時 2007年 6月 9日(土) 13:00受付開始13:30開演17:00終了
内容 加藤治郎、坂井修一、藤原龍一郎の三氏による鼎談、他
会場 台東区 生涯学習センタ− 301研修室(定員100名 )
    台東区西浅草3−25−16  電話03−5246−5827
地図 http://www.taitocity.net/center/map/tizu.html
会費 1500円    
申込〆切 5月20日  
※ 収容人員に限りがありますので、定員になり次第申し込みが打ち切られます。
※ お申し込みの際は件名に「シンポジウム申し込み」と御記入下さい。
※ シンポジウム終了後、会場近くで懇親会(会費5000円)を行います。
  懇親会参加御希望の方はお申し込み時にその旨御記入下さい。

お申し込み・お問い合わせ先→魚村晋太郎 uoshin@pop16.odn.ne.jp



主催 玲瓏の會

[787] ●『いまあじゆ』批評会のご案内 投稿者:本多真弓 投稿日:2007/04/30(Mon) 19:24
はじめまして。未来短歌会の本多真弓と申します。
本日は、下記の批評会のご案内をさせていただきます。まだお席に余裕がございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

●『いまあじゆ』批評会のご案内

 此の度、わたしたちの歌友である中川宏子さんが砂子屋書房より第一歌集『いまあじゆ』を上梓されました。 つきましては、 広く皆様のご批評をいただきたく、下記の通りに批評会を開催します。お忙しいとは存じますが、是非多くの皆様にお集まり頂きたくお願い申し上げます。

■日時: 5月20日(日)午後1時30分〜午後4時30分 (午後1時15分開場)
■場所: 日本出版クラブ2階 会議室  桃の間  tel: 03-3267-6111
        東京都新宿区袋町6http://www.shu-ppan-club.jp/
■会費: 2000円
■パネラー:なみの亜子 穂村弘 魚村晋太郎 ■司会:中川佐和子
■発起人:岡井隆 加藤治郎 田村雅之 日高堯子 
■懇親会:鮒忠(神楽坂店) 会費4500円 http://www.funachu.co.jp/   電話03-3260-6323
■世話人:未来短歌会有志、スワンの会
■問合せ&申込み:吉野リリカ (E-mail: amny212jp★yahoo.co.jp)
 *お手元に歌集のないかたには取り急ぎお送りいたします。申込みに添えてお申し出ください。
 *スパムメール防止のために、@を★として表記しております。メールをご送付いただく場合は、ご面倒ですが、★を@に変換の上、ご送付ください。

■出席希望の方は、5月8日(火)までに吉野リリカさん宛にお申し込みくださいませ。定員になり次第締め切らせて頂きます。

■メールタイトル:『いまあじゆ』批評会
■参加希望形態: 批評会+懇親会 (A)
         批評会のみ   (B)
         懇親会のみ   (C)
■お名前&連絡先

[765] シンポジウムのお知らせ 投稿者:永田淳 投稿日:2007/01/09(Tue) 12:26 <HOME>
新年あけましておめでとうございます。青磁社の永田淳です。

さて、すでにご存知の方も多いかとは思いますが、青磁社HPに連載中の「週刊時評」上で社会詠を巡る問題について、小高賢さん、大辻隆弘さん、吉川宏志さんの間で激しい議論が飛び交いました。これは小高さんが「かりん」11月号に書かれた「ふたたび社会詠について」を大辻さんが批評されたのに端を発し、わずか一ヶ月の間に三者が八篇もの論を展開する大論争となりました。(論争の経緯につきましては青磁社HP http://www3.osk.3web.ne.jp/〜seijisya/index.html「週刊時評」11.13〜12.11をご参照下さい)。
せっかく盛り上がりました論争をネット上で収斂させてしまうのがあまりにもったいなく、公開の場で討論していただくことになりました。つきましては下記の要領でシンポジウムを開催いたしますので、是非多くの皆様にご来場いただきたくお知らせいたします。

日時: 2007年2月4日(日) 13:00〜17:00
会場: ハートピア京都 3階大会議室
    (京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車すぐ。JR京都駅より約8分)
     http://www.heartpiakyoto.jp  
会費: 1000円(当日会場にて)

第一部
レポート
レポーター: 林和清、高島裕、澤村斉美
(今回の論争についての問題提起、現代の社会詠について思うことなどをレポートしていただきます)

第二部
パネルディスカッション
パネリスト: 小高賢(かりん)、大辻隆弘(未来)、吉川宏志(塔)
司会: 松村正直(塔)

人数把握のために参加される方は、メールにてお名前と参加人数をお書き添えの上、下記アドレスまでお申込み下さい。
なお、お手数ですが件名に「シンポジウム参加」とご記入お願いいたします。

Email:seijisya @osk3.3web.ne.jp

以上、長々とスペースをお借りし申し訳ありませんでした。

[751] 「歌集喫茶うたたね」のお知らせ! 投稿者:天野 慶 投稿日:2006/05/11(Thu) 00:12
短歌に興味のある若い方向けに…とこんな企画を立てました。
お近くにお寄りの際などに、遊びに来ていただけましたら
幸いです。場所は今週の「週刊文春」で紹介されているお寺カフェです。
東京タワーがきれいに見えます。

**************************

《歌集喫茶 うたたね》1week限定openのお知らせ!!

**************************

かしゅうーきっさ【歌集喫茶】(1)歌集を多数揃えている
喫茶店。一般書店や図書館では入手しにくい「歌集」(短歌の
作品集)にもっと気軽に触れてもらいたいという試み。
「アンソロジー」「若手作家」「名作」「作歌入門」「オススメ!」
などコーナー別に分けられ、それぞれ推薦POPもついているので、
初めて歌集を手に取る人にもやさしい棚作りとなっている。
(2)短歌・歌集についての質問・相談を受けつける「歌集コンシェ
ルジュ」のサービスがある(一部時間帯のみ)。また、在席時には寺
山修司『空には本』(初版サイン付き)などの貴重本を読むこともできる。
≪類≫ジャズ喫茶、漫画喫茶、ドックカフェ、執事喫茶

++++++++++++++++++++++++++

日時:2006年5月22日(月)〜26日(金)

   11:00〜14:00(ランチタイムのみ有人)
   9:00〜17:00(喫茶はお休みですがスペース
   としてのご利用はご自由に!)

場所:梅上山 光明寺 神谷町オープンテラス

   http://www.higan.net/blog/kot/
   東京都港区虎ノ門3-25-1
   (東京メトロ日比谷線 神谷町駅3番出口前)

メニュー:ほうじ茶、珈琲(温・冷)、お坊さんの和菓子、など
 *飲食物の持ち込みは自由です。無線LANも完備!


「短歌コンシェルジェ」の在席時間:なるべく期間中はお邪魔し
たいところなのですが、なにぶん村田馨(サラリーマン)・天野慶
(妊娠8ヶ月)という身なもので、天候・温度・湿度などによって
不在になる可能性もあります。事前に御連絡いただければ在席するように
いたしますので、御了承ください。


++++++++++++++++++++++++++

ツナガルオテラでヒロガルカカイ

++++++++++++++++++++++++++

 「ツナガルオテラ」というコピーを掲げていらっしゃる光明寺さん。
1979年生まれ(天野と同じ歳!)のお坊さんの提唱だそうです。そこで(?)
最終日26日の夜、「ヒロガルカカイ」と題して歌会を行います。
「歌会、初めて!」「ネット歌会ならあるけれど…」という方大歓迎です。
もちろん歌会常連さんもぜひぜひ。面白いゲストの方にもお声を掛けてお
りますので楽しい歌会をご一緒に!
スタート:5月26日 19:00から(途中入場も可)
費用:500円(お茶・お菓子付き)
詠草(歌会に出す短歌):テラス内のポスト、またはa-kei@js9/so-net.ne.jp
            まで、短歌1首とお名前(ペンネームでもOK)を
            25日までにお送りください。


##############################

  「歌集喫茶うたたね」につきまして、ご質問等ございましたら
 お気軽にa-kei@js9.so-net.ne.jpまでご連絡ください。
 同内容のはがきサイズのDMもございますので、ご希望の方はご住所を
 お知らせいただければ郵送いたします。
 最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございます!
 では、「歌集喫茶うたたね」でお会いしましょう!!
                村田 馨 天野 慶 拝

##############################

[727] すみません・・・ 投稿者:浅羽佐和子 投稿日:2006/03/19(Sun) 12:51
先ほどの記事、『発芽』批評会のご案内、と書きたかったのですが、
変な状態で送信させれてしまいました。

申し訳ありません・・・

ご都合のつく方は是非、ご参加ください。

[726] 『発芽』批評会no 投稿者:浅羽佐和子 投稿日:2006/03/19(Sun) 12:50


 ◆◇ 岡崎裕美子さん第一歌集『発芽』批評会 ◇◆

【日時】4月8日(土)13:30〜17:00
     (開場・受付開始 13:00)

【会場】 東京芸術劇場大会議室(池袋駅西口から徒歩5分)
      東京都豊島区西池袋1-8-1 tel 03-5391-2111
      http://www.geigeki.jp/

【プログラム】
 ◇第一部・『発芽』批評会
   パネリスト:大島史洋、小池昌代、穂村弘、盛田志保子
   司会:田中槐

 ◇第二部・出版記念パーティー  17:15〜
   [和 ASIAN 旬菜『 豆花 (ドウホァ)』]
   東京都豊島区西池袋1-10-10 
東武アネックススパイス2、3F
   tel 03-5957-0678

 
【会費】第一部 1500円 第二部 5000円

申込先/問合せ先:未来短歌会有志代表 浅羽佐和子
              sawako@s5.dion.ne.jp



【発起人】岡井隆、及川隆彦、大島史洋、田中槐



歌集をお持ちでない方は岡崎裕美子さんに直接連絡すればよいとのことです。
 お申し込み先:okazaki@hmp.co.jp

[719] 『紙ピアノ』 投稿者:伊津野重美 投稿日:2006/02/12(Sun) 12:52 <HOME>
いつもお世話になっております。伊津野重美です。
恐縮ですが、告知で失礼いたします。

この度、私の第一歌集『紙ピアノ』(風媒社)が
荻原裕幸さんのお力添えで上梓することが叶いました。
この歌集は、写真作家 岡田 敦さんとのコラボレーション作品になります。

私のHPで、発売開始までおこなっていたカウントダウンがようやく0になり
ました。
岡田さんと短歌や写真について簡単な質問など交わし合っています。
写真がとてもうつくしいので、ぜひご覧になっていただきたいです。
また歌集についての情報やいただいた感想もこちらで読むことができます。

http://homepage2.nifty.com/paperpiano/book.html

岡田 敦さんは、写真界の芥川賞ともいうべき
木村伊兵衛賞最終選考ノミネート作品に残った写真集『Cord』や
富士フォトサロン新人賞受賞『Platibe』(いずれも窓社)という
写真詩集を出されているたいへん素晴らしい写真家さんなのです。
大型書店などでお手にとっていただけると幸いです。

まだまだ寒さが厳しい折
どうぞお体にお気を付けてお過ごしください。

[712] 批評会のご案内 投稿者:久野はすみ 投稿日:2005/11/29(Tue) 03:38
問い合わせ先が変更になりましたので改めて書き込みます。
治郎さん、お手数をおかけして申し訳ありませんでした。

==========================
角田純『海境』 資延英樹『抒情装置』 合同批評会のご案内
==========================
◆東京◆
【日時】平成17年12月4日(日)
     批評会13時〜17時
     懇親会17時30分〜 「神楽坂MATOI」
【会場】日本出版クラブ会館
    東京都新宿区袋町6  TEL 03-3267-6111
【パネリスト】 高橋睦郎 小池 光 池田はるみ
       菊池 裕 中沢直人 石川美南 田中 槐(司会)
【会費】 批評会1,500円./懇親会5,000円
【申し込み】岡崎裕美子 momoco7405@yahoo.co.jp

◆大阪◆
【日時】平成17年12月11日(日)
    批評会13時〜17時
    懇親会17時30分〜
【会場】大阪ガーデンパレス
    大阪府大阪市淀川区西宮原1-3-35
    TEL 06-6396-6211
【パネラー】 香川ヒサ 魚村晋太郎 西之原一貴 大辻隆弘
       小林久美子(司会)
【会費】批評会 1,500円 /懇親会 5,000円
【申し込み】渋田育子 pinknosaru@hotmail.com

[704] 佐藤理江歌集『箱船』批評会のお知らせ 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/09/06(Tue) 00:52 <HOME>
こんにちは。加藤治郎です。

お知らせです。
このたび、佐藤理江さんの第二歌集『箱船』の批評会が開催される運びとなりました。


掃除班を三棟トイレに派遣せりバクダッドには空襲警報
 
教室は巨大風船ぎゆうぎゆうで窓に張り付く児童の背中
            
表情は個人情報誰からも覗かれながら国歌歌はず

           
問題作だと思います。

皆さまのご参加を切に希望いたします。

どうぞよろしくお願いします。

==========================================

☆佐藤理江歌集『箱船』批評会のご案内☆

==========================================


【日時】平成17年10月8日(土) 開場13時

・批評会 13時30分〜16時30分

・懇親会 17時〜19時

【場所】日本出版クラブ会館  

新宿区袋町6 ?03(3267)6111

http://www.shuppan-club.jp/

【パネリスト】大野道夫 大松達知 川野里子 佐伯裕子 加藤治郎(司会)

【会費】批評会2,000円/懇親会4,000円

【主催】未来短歌会有志

【メールでの申込先】西村旦
nishi310208@hotmail.co.jp

お申し込みは、9月20日までにお願いいたします。

A 批評会と懇親会に出席

B 批評会のみ出席

C 懇親会のみ出席


いずれかを明記ください。


※ 歌集『箱船』は,ながらみ書房でお求めになれます。
http://www6.ocn.ne.jp/~nagarami/


[700] Blog 2つ 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/06/15(Wed) 00:36
「未来」彗星集
http://jiro31.cocolog-nifty.com/star/

加藤治郎
http://jiro31.cocolog-nifty.com/

ぜひ、お立ち寄りください。



[699] 【詳細】第4回NTCのご案内【発表】 投稿者:佐藤りえ 投稿日:2005/06/12(Sun) 22:49
詳細決定しました、再度ご案内させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。

第4回ニューウェーブ短歌コミュニケーションのご案内

。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。

このたび、第3回歌葉新人賞授賞式及び記念のシンポジウムを開催することになりました。
みなさまのご参加を心からお待ちしております。

◆日時 2005年7月3日(日)
シンポジウム 13:30〜17:00
授賞式    17:30〜19:30
(受付開始 13:00)

◆会場 日本出版クラブ会館
http://www.shuppan-club.jp/index.html
東京都新宿区袋町6 TEL 03-3267-6111

交通アクセス
JR飯田橋駅(西口)徒歩8分
地下鉄都営大江戸線 牛込神楽坂駅(A2出口)徒歩2分
地下鉄有楽町線・南北線 飯田橋駅(B3出口)徒歩7分
地下鉄東西線 神楽坂駅(神楽坂口)徒歩7分

◆プログラム

★シンポジウム 「現代短歌を語りあう『ことば』」
【鼎談】
 荻原裕幸×加藤治郎×穂村弘

【若手歌人競演・公開歌合わせ】
 現代短歌の最前線をになう若手歌人による紅白戦
 判者:加藤治郎 司会:穂村弘
 紅組 石川美南 飯田有子 伴風花 盛田志保子 天野慶 天道なお
 白組 笹公人 大松達知 黒瀬珂瀾 斉藤真伸 斉藤斎藤 しんくわ

★授賞式 第3回歌葉新人賞受賞者 しんくわ
 授賞式及び祝賀パーティー

◆参加費
シンポジウム 1,500円
授賞式パーティー 6,000円

◆参加申込先
[佐藤りえ]宛てメールでお申し込みください。
fragile@fun.cx

◆申込み記載内容
1: 申込みパート
*下記から1つお選びください。会費は当日いただきます。
(1)シンポジウム及び授賞式パーティー
(2)シンポジウムのみ        
(3)授賞式パーティーのみ      

2:お名前 所属グループ名
*メールのタイトルには「ニューウェーブ参加」とお書きください。

◆受付締切
 6月30日(水)
*お席に限りがございますので定員になり次第締め切らせて頂きます。
 尚、満席の場合は当方よりご連絡を差し上げます。

◆主催:
SS-PROJECT(荻原裕幸、加藤治郎、穂村弘)
コンテンツワークス株式会社
◆協賛:風媒社

【歌葉】の歌集を購入ご希望の方は、BookParkまでお願いいたします。
http://www.bookpark.ne.jp/utanoha/

。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。

[698] WAKA 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/06/09(Thu) 22:47
Blogを始めました!

http://jiro31.cocolog-nifty.com/

お立ち寄りください。


[697] 第4回NTCのご案内 投稿者:佐藤りえ 投稿日:2005/06/05(Sun) 23:12
こんにちは、佐藤です。イベントの告知にあがりました。よろしくお願いいたします。

。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。

第4回ニューウェーブ短歌コミュニケーションのご案内

。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。

このたび、第3回歌葉新人賞授賞式及び記念のシンポジウムを
開催することとなりました。
お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。よろしくお願いいたします。

◆日時 2005年7月3日(日)
シンポジウム 13:30〜17:00
授賞式    17:30〜19:30
(受付開始 13:00)

◆会場 日本出版クラブ会館
http://www.shuppan-club.jp/index.html
東京都新宿区袋町6 TEL 03-3267-6111

交通アクセス
JR飯田橋駅(西口)徒歩8分
地下鉄都営大江戸線 牛込神楽坂駅(A2出口)徒歩2分
地下鉄有楽町線・南北線 飯田橋駅(B3出口)徒歩7分
地下鉄東西線 神楽坂駅(神楽坂口)徒歩7分

◆プログラム

★シンポジウム 「現代短歌を語りあう『ことば』」
【鼎談】
 荻原裕幸×加藤治郎×穂村弘

【若手歌人競演・公開歌合わせ】
 現代短歌の最前線をになう若手歌人による紅白戦
 判者:加藤治郎 司会:穂村弘

★授賞式 第3回歌葉新人賞受賞者 しんくわ
 授賞式及び祝賀パーティー

◆参加費
シンポジウム 1,500円
授賞式パーティー 6,000円

◆参加申込先
[佐藤りえ]宛てメールでお申し込みください。
fragile@fun.cx

◆申込み記載内容
1: 申込みパート
*下記から1つお選びください。会費は当日いただきます。
(1)シンポジウム及び授賞式パーティー
(2)シンポジウムのみ        
(3)授賞式パーティーのみ      

2:お名前 所属グループ名
*メールのタイトルには「ニューウェーブ参加」とお書きください。

◆受付締切
 6月30日(水)
*お席に限りがございますので定員になり次第締め切らせて頂きます。
 尚、満席の場合は当方よりご連絡を差し上げます。

◆主催:
SS-PROJECT(荻原裕幸、加藤治郎、穂村弘)
コンテンツワークス株式会社
◆協賛:風媒社

【歌葉】の歌集を購入ご希望の方は、BookParkまでお願いいたします。
http://www.bookpark.ne.jp/utanoha/

みなさまのご参加を心からお待ちしております。

。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。

[695] こんにちは。 投稿者:はたさいこ 投稿日:2005/05/01(Sun) 00:19
先日の菊池さんの批評会はおつかれさまでした。久しぶりにお会いできうれしく思いましたが、一瞬のことでしたね。鳴尾日記、ときどき読んでいます。ほむらさんのウエディングパーティのときのお話、青春という舞台から降りようとしている男の哀愁がただよってきて、私までもさみしく感じました。歌人の四十代は若手ってかんじですが、実社会においては「中堅」の印象でしょうかね・・・ほんとうに年月のたつのは早いですね。はじめてお会いしてから、たぶん十二、三年たっていて、その後の歌人「加藤治郎」の活躍は◎↑だなーと思います。

[695へのレス] Re: こんにちは。 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/05/05(Thu) 23:58
40代は若手かもね。会社では、もう定年が意識される、寂しい年代なのです。


[693] ライブご来場 投稿者:枡野浩一 投稿日:2005/04/03(Sun) 19:09 <HOME>
ほんとうにありがとうございました。
四月から公式サイト「ますので」も始まりました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

[693へのレス] Re: ライブご来場 投稿者:加藤 投稿日:2005/04/03(Sun) 20:53
たのしいライブでした!

また、おじゃまします☆

[691] メールを送らさせていただきました。 投稿者:並木夏也 投稿日:2005/03/10(Thu) 02:48 <HOME>

 じろーさんへ。

 たったいま、じろーさんへメールを後らさせていただきました。
 大変、身勝手なことをメールに書かせていただきましたが、
この件について、なにとぞよろしくお願いいたします。

[691へのレス] Re: メールを送らさせていただきました。 投稿者:並木夏也 投稿日:2005/03/19(Sat) 18:03 <HOME>
よろしくお願いします。

 並木

[689] 江村彩歌集『空を映して』批評会 投稿者:杉森多佳子 投稿日:2005/01/30(Sun) 13:54
こんにちは。ご無沙汰いたしております。杉森多佳子です。
こちらの掲示板には、はじめてうかがいます。

さて今日は、加藤治郎さんに発起人とパネラーをお願いいたしております、江村彩さん
の第一歌集『空を映して』の批評会と懇親会のご案内をさせてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

歌集『空を映して』には、江村さんの三年近くに及んだフランスでの生活を詠んだ歌をはじめ、
家族、相聞、時事詠など幅広い歌が収められています。ぜひ、多くの皆様にお集まり
いただき、その魅力について語り合い、親睦を深めたいと存じます。ご来場をこころ
よりお待ちいたしております。どうぞよろしくお願いいたします。

◆◆◆ 江村彩歌集『空を映して』批評会のご案内 ◆◆◆

                              
■批評会■

【日時】  平成17年2月27日(日)
      13:20〜16:30
       (開場12:50より)

【会場】 愛知芸術文化センター 12F 
       アートスペースEF
      名古屋市東区東桜1−13−2 
      TEL052−971−5511
      ※地下鉄東山線栄駅4A出口方向オアシス21の地下連絡通路から徒歩
4分
 
 
【パネラー】 小島ゆかり・加藤治郎
        小林久美子・天野慶

【司会】    荻原裕幸

 
■懇親会■

【時間】 17:30〜19:30

【会場】 唐渡屋別館 沙く羅  
      名古屋市東区東桜1−9−19
                成田栄ビルB1
      TEL052−961−3105
      ※地下鉄東山線栄駅4A出口から徒歩5分  

【会費】 批評会・1000円  懇親会・4000円 

発起人  加藤治郎・水原紫苑・荻原裕幸
     新畑美代子・彦坂美喜子・岡嶋憲治
     喜多昭夫・佐藤晶・杉森多佳子

お名前・ご住所と、批評会・懇親会の各出欠の有無をお書き添えの上、2月15日
(火)までにお申し込みください。

お申し込み・お問い合わせ先  
杉森多佳子  E−mail taca_hiro@h3.dion.ne.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
加藤さんには、お忙しいところ大変お世話になります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
杉森多佳子



[689へのレス] Re: 江村彩歌集『空を映して』批評会 投稿者:江村彩 投稿日:2005/02/28(Mon) 19:17
こんにちは、江村彩です。

『空を映して』批評会は、昨日盛況のうちに終了致しました。
加藤治郎さんにはお忙しいなか大変お世話になりました。
どうも有難うございました。

加藤さんにいただいた、温かくも厳しい御指摘をどう自分の中で消化できるかまだわかりませんが、「蒔かれた種を自分の手で育てていって欲しい」とのお言葉を噛みしめています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


[687] いつもお世話に成っております。 投稿者:大隈信勝 投稿日:2005/01/28(Fri) 12:24
先日は、有難うございました。
彗星集の歌会のご連絡いただきたく、ホットメイルとやらを開設しました。
日程の都合つけば、参加いたします。
宜しくお願い致します。

[687へのレス] Re: いつもお世話に成っております。 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/01/29(Sat) 00:52
別便で、2月の彗星集歌会、J歌会と言ってますが、案内をお送りしました。
気楽に遊びにきてください。

[685] お久しぶりです 投稿者:近藤かすみ 投稿日:2005/01/26(Wed) 00:49 <HOME>
お久しぶりです。

うたう☆クラブが、コーチ別に本になるらしいですね。
思えばあそこで取り上げてもらって、名前も「近藤かすみ」にするように、後押ししてもらってのスタートでした。
ネット上のあれこれを心配しつつも、ブログをはじめてホームページも作りました。
これからも、私なりにすこしずつ進みたいです。

[685へのレス] Re: お久しぶりです 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/01/28(Fri) 00:16
そうですね。
うたう☆クラブのドキュメントですね。
僕自身、たくさんの歌に出遭った、大切な場所です。

[683] おそくなりましたが 投稿者:林 ゆみ 投稿日:2005/01/12(Wed) 00:25 <HOME>
あけましておめでとうございます。

治郎さんの短歌入門書が近々刊行されるということを
荻原さんの日記を読ませていただいて知りました。

楽しみにしております。

[683へのレス] Re: おそくなりましたが 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/01/12(Wed) 00:48 <HOME>
はい、着々と、こつこつと、苦しみながら、楽しみながら進めています。

お楽しみに!!


[682] 謹賀新年 投稿者:荻原裕幸@管理人 投稿日:2005/01/03(Mon) 18:52 <HOME>
あけましておめでとうございます。
2005年もどうぞよろしくお願いします。

[681] 遙かなるクリスマス 投稿者:加藤治郎 投稿日:2005/01/01(Sat) 18:46 <HOME>
大晦日は紅白を観た。
マツケンサンバには圧倒されました。
さだまさしの「遙かなるクリスマス」もよかったです。
サイモン&ガーファンクルの『7時のニュース/きよしこの夜』と同じ作りですね。


[679] 朝日カルチャーセンター公開講座 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/11/05(Fri) 00:35
皆さん、ぜひお越しください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝日カルチャーセンター開講40周年記念公開講座
「プロムナード現代短歌」

朗読。インターネット。コラボレーション。
現代短歌は、二十一世紀に入って、
いよいよ新しい広がりを見せています。
一千年を超えるこの日本の伝統詩は、
いまどこへ向かおうとしているのでしょうか。
最前線で活躍する歌人たちの実演と議論を
じっくりお楽しみいただける公開講座です。

◎日時=2004年11月13日(土)午後1時〜
 (開場は午前11時。展示等をご覧いただけます。)
◎会場=朝日ホール(朝日会館15階)
 名古屋市中区栄1-3-3(地下鉄「伏見」下車、7番出口より西へ徒歩5分)
───────────────────────────────────
【プログラム】

○鼎談「インターネットと現代短歌」
 藤原龍一郎、栗木京子、荻原裕幸

○鼎談「コラボレーションと現代短歌」
 加藤治郎、佐藤真由美、天野慶

○鼎談「朗読と現代短歌」
 穂村弘、正岡豊、東直子

○コラボレーション作品展示
 早坂類&入交佐妃=短歌&写真パネル作品
 テノヒラタンカ=短歌&イラストパネル作品

○朗読実演
 東直子=短歌朗読
 正岡豊&飛永京=短歌朗読とピアノによるセッション
───────────────────────────────────
◎受講料=当日一般3,000円、会員2,700円、前売2,500円
※前売は名古屋朝日カルチャーセンター栄教室と柳橋教室の窓口で販売。
※電話と電子メールでの予約も可能です。連絡後、振込をお願いします。
連絡先/052-249-5553(栄教室) info@acc-n.com
振込口座=UFJ銀行栄町支店・普通・248060

◎主催=朝日カルチャーセンター
◎後援=朝日新聞社
◎協賛=風媒社、邑(ゆう)書林
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[678] 『滴る木』批評会、無事終わりました 投稿者:吉野亜矢 投稿日:2004/10/13(Wed) 00:39
こんばんは。

先日こちらでもお知らせさせていただいた批評会が、無事終わりました。
どうもありがとうございました。

かんたんな記録をパピエ・シアンの掲示板「ラ・プランシュ・シアン」にあげています。

http://8555.teacup.com/planche/bbs

よかったらご覧下さい。

[676] 歌葉新人商工会選考会レポートの件 投稿者:牧野芝草 投稿日:2004/10/05(Tue) 17:37
>加藤治郎さん

こんにちは。
日記でレポートにリンクしてくださって
ありがとうございました。

レポートには書き漏らしたのですが、
当日は受付に加藤さんが座っていらしてびっくりしました
(ちょっと焦りました(^^;))。

ご発言の趣旨を私が勘違いしている部分や
誤字・脱字等がありましたら速やかに修正いたしますので
ご指摘いただけると幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

[676へのレス] Re: 歌葉新人商工会選考会レポートの件 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/10/05(Tue) 21:20
こんにちは。

商工会に(賞公開)奇妙な味がありますね。

ありがとう。


[675] O-net短歌コンテスト 投稿者:O-net短歌コンテスト 投稿日:2004/10/04(Mon) 14:56
第17回O-net短歌コンテスト事務局からのお知らせです。
結婚へつながる、赤い糸?O−net(オーネット)?の株式会社オーエムエムジーでは、本年も「第17回O−net短歌コンテスト」を実施いたします。

テーマは「今、いちばん大切な人へ」。恋人・両親・家族・友だち・恩師など。。。  あなたにとって今、一番大切にしている人に捧げる歌を三十一文字ほどにまとめてください。日本語の見直しが注目されているいま、今回からO−net学生短歌賞を設けました。小学生・中学生・高校生のご応募も歓迎いたします。
応募は官製ハガキでもFAXでもOKです。O−netホームページからインターネットでの投稿も可能です。ペンネーム(本名も併記)での応募も構いません。
締切りは10月16日(土)。金賞の賞金は20万円です。
詳細はこちらでご確認ください。      http://www.onet.co.jp/tanka


[674] まだ昨日ですね 投稿者:佐藤理江 投稿日:2004/09/27(Mon) 23:54 <HOME>
ども、佐藤理江です。
昨日はどうもお世話になりました。
帰りは挨拶もできずじまいでどうも失礼しました。

すごく息づまるような選考会でした!

短歌を批評する際に何が問題とされるのか、ということが
次々に話題になってとても勉強になりました。

でも、恐ろしいほど多角的な分析で、メモが追いつかなくて
ひょっとして見当違いの受け取り方をしているかもです。
もっと自分のインプット能力上げなくちゃですね。

それにつけても、審査員御3方みんな、
とーっても困った顔してらしたのが印象的でした。
ほんと、ほんとにお疲れ様でした。(肩とんとん)

[672] こんばんは。 投稿者:林 ゆみ 投稿日:2004/09/27(Mon) 00:14
公開選考会お疲れ様でした。
初めてお目にかかることができ、またお声をかけていただいて
嬉しかったです。

これからの事をいろいろと悩んでいる時でしたので今日の会は
私にとってとても有意義でした。

友人の写真とのコラボレーションをニコンのページにアップして
おりますので、よろしかったらご覧ください。
http://album.nikon-image.com/nk/NImageView1.asp?key=808.73664&un=34468&m=0&cnt=5258

またいつかお目にかかれますように。。

[672へのレス] Re: こんばんは。 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/09/27(Mon) 00:34
こちらこそ、お話しできてたのしかったです。

コラボレーション、すてきですね。歌と写真の呼吸が微妙にクロスしています。
うたでは、

 あまくあまくストロベリージャム煮つめおり君に逢えない日曜は雨

がいいと思いました。 ジャムから雨への展開、自然なようで、けっこう詩的飛躍がありますね。




[670] たまごっち 投稿者:桜井凛香 投稿日:2004/09/26(Sun) 04:08 <HOME>
すみません。玩具売場で働いているもので、
つい、反応してしまいました。
「赤外線通信」は、今年になって発売された
「かえってきた!たまごっちプラス」の新機能です!

他の人のたまごっちと通信をすることで(通称:たまツー)、
お友達になったり、おみやげを交換したり、ゲームをしたり、
仲良し度がアップすれば恋愛結婚をして
2世を誕生させることができるようになったんですよー

[670へのレス] Re: たまごっち 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/09/26(Sun) 23:43
そうそう。娘(小3)が夢中になっています。


[666] すみません 投稿者:吉野亜矢 投稿日:2004/09/21(Tue) 01:06
ただでさえ長い発言を2回書き込んでしまいました。
可能であれば、1つ削除してください。
(2つはやめてくださいね。)
失礼しましたー。

[666へのレス] Re: すみません 投稿者:荻原裕幸@管理人 投稿日:2004/09/21(Tue) 01:09 <HOME>
あとで1つだけ消しておきます。(^^)


[666へのレス] Re: すみません 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/09/21(Tue) 01:13
会、盛り上がりそうですね!

[664] 『滴る木』批評会のおしらせ 投稿者:吉野亜矢 投稿日:2004/09/21(Tue) 01:02
加藤治郎さん、こんばんは。
吉野亜矢です。

鳴尾日記の方に書いておられた蝉のお話、
「うわさ」とあるのが秘密めいて不気味でした。
南仏の方に旅行した時、蝉の図柄が色んな布製品のモチーフとして愛されていましたが、
蝉を模様にするって、日本の浴衣とかではあまりないですよね。

さて、今度大阪で私の歌集の批評会をおこないます。

   ◆◆吉野亜矢第一歌集『滴る木』批評会のご案内◆◆
   
日時 平成16年10月10日(日)14時から(受付13時30分から)

会場 たかつガーデン
       〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号
        近鉄上本町駅から徒歩約3分/地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分
       TEL 06-6768-3911 FAX 06-6768-3170 
        会場地図案内はこちら→ http://www.takatsu.or.jp/

 ●批評会
   【時間】 14時〜17時
   【会場】 2階 コスモス
  【パネラー】 江戸雪、香川ヒサ、大辻隆弘、大淵嶺音
  【司会】   小林久美子
  【会費】 1,500円(コーヒー付)
 ●懇親会
   【時間】 17時30分から
   【会場】 たかつガーデン内「喜扇」(tel 06-6764-0151)
   【会費】 5,000円

  発起人 岡井隆、大辻隆弘、桝屋善成、小林久美子
  協力  淀川歌会、シアンの会

◆【お申し込み・お問合せ】
懇親会ご参加の有無を明記の上、小林のメール( q@q.email.ne.jp )までお願い
いたします。
なお準備の都合上、参加お申し込みは10月5日(火)までによろしくお願いいたし
ます。

---
以上です。多くの方のお越しをお待ちしております。

9/26の会、私は行けないのですが、また短歌ヴァーサス誌上にレポートが載るのでしょうか。
「幸福で残酷でハイブローな」(by 佐藤りえさん)時間を体験できる方々がうらやましいです。ご盛会をお祈りします。




[663] 第3回歌葉新人賞公開選考会のご案内 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/09/20(Mon) 09:40
ぜひ、お越しください!


【日時】2004年9月26日(日)13:30〜17:00(受付13:00〜)

【会場】津田ホール・1階会議室
    東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24、TEL 03-3402-1851
    ※中央線千駄ヶ谷駅改札正面

【選考委員】荻原裕幸、加藤治郎、穂村弘
※第3回歌葉新人賞候補作について充分に討議をし、
 選考委員の合意により、受賞作品を決定いたします。

【参加費】1,500円

【参加申込先】風媒社(info@fubaisha.com)
※人数の確認の都合がありますので、
 風媒社宛、事前にメールでお申込み下さい。

【主催】風媒社、コンテンツワークス株式会社、エスツー・プロジェクト




[661] ●サーバメンテナンスのお知らせ 投稿者:荻原裕幸@管理人 投稿日:2004/08/25(Wed) 18:35 <HOME>
サーバメンテナンスのお知らせです。
本日、25日(水)20時〜24時の間、
sweetswan.comのサーバメンテナンスがあります。
この掲示板と加藤治郎さんの日記、
つながらない時間が多いと思います。
利用者にはご迷惑おかけしますが、
どうぞよろしくお願いします。

[660] はじめまして 投稿者:kitten 投稿日:2004/08/15(Sun) 22:26 <HOME>
はじめまして。kittenと申します。もちろんハンドルネームです。数年前から短歌を書いているんですが、馬鹿短歌しかできません。本人は一所懸命なんですけど、できあがった作品はすべて馬鹿短歌。やけくそになって脱力系オルタナ短歌と命名しましたが、どうしたもんでしょう?書き続けるしかないですかねえ?

[659] 『砂の降る教室』批評会のお知らせ 投稿者:小林友紀子 投稿日:2004/08/13(Fri) 17:54 <HOME>
はじめまして。突然お邪魔いたします。
同人誌poolの小林友紀子と申します。
この度、石川美南の第一歌集の批評会を開催することになりました。
申し訳ありませんが、この場をお借りして、お知らせさせて下さい。

先日は、歌葉新人賞シンポジウムでの秀歌観のお話、とても面白かったです。
お時間があれば、砂降る批評会にも是非お越しください。
お目にかかれることを楽しみにしています。

一人でも多くの方に来ていただけるよう、
どうぞよろしくお願いいたします。


石川美南『砂の降る教室』批評会〜走り出す若手歌人たち

【日時】 2004年9月4日(土) 午後1時〜5時〈開場12時半〉
【会場】東京芸術劇場 大会議室(池袋駅西口から徒歩5分)
http://www.geigeki.jp/access.html

昨年出版された石川美南歌集『砂の降る教室』を読むと共に、
2〜30代の若手歌人の作品を考える会にしていきたいと思います。
目指すのは、若くて熱い文化祭のノリ。
皆様どうぞご参加ください。

第1部 若手歌人の歌を読む
○パネルディスカッション
 水原紫苑 永井祐 西之原一貴 佐藤りえ 黒瀬珂瀾(司会)
○作品朗読
 斉藤齋藤 中島裕介 永田紅 橋元優歩 

第2部 石川美南『砂の降る教室』批評会
○パネルディスカッション
 岡井隆 川野里子 田中庸介 穂村弘 藤原龍一郎(司会)
○『砂の降る教室』を語る
 荻原裕幸 石川美南

総合司会 千葉聡
                         (敬称略)

終了後、「サンチェーロ」(豊島区池袋2-1-1 フォーアイズ千野ビル2階
http://r.gnavi.co.jp/g136910/map1.htm )にて懇親会を行ないます。お気軽にご参加く

さい。

【企画運営】 pool
【協力】   早稲田短歌会
【後援】   風媒社 エスツープロジェクト

【参加費】批評会 1500円
     懇親会 5000円
(批評会のみ、懇親会のみの参加も歓迎いたします)

【申込み〆切】8月22日(日)
  ※批評会、懇親会それぞれの出欠を明記の上、
以下のあて先までメールでお送り下さい。
松本隆義:matsumotini@nifty.com

『砂の降る教室』サイト http://homepage3.nifty.com/yaginoki/book/top1.html
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-




[658] お待ちしています! 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/07/10(Sat) 22:30 <HOME>

。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。


第3回ニューウェーブ短歌コミュニケーションのご案内


。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。


このたび、第2回歌葉新人賞授賞式
及び記念のシンポジウムを
開催することになりました。
みなさまのご参加を心からお待ちしております。


◆日時 2004年7月25日(日)
シンポジウム 13:00〜16:00
授賞式    16:30〜18:30
(受付開始 12:30)

◆会場 日本出版クラブ会館
東京都新宿区袋町6
TEL 03-3267-6111

交通アクセス
JR飯田橋駅(西口)徒歩8分
地下鉄都営大江戸線 牛込神楽坂駅(A2出口)徒歩2分
地下鉄有楽町線・南北線 飯田橋駅(B3出口)徒歩7分
地下鉄東西線 神楽坂駅(神楽坂口)徒歩7分


◆プログラム

★シンポジウム 「ぼくたちのいる場所、秀歌の基準」

【鼎談】
荻原裕幸×加藤治郎×穂村弘

【第2回歌葉新人賞受賞者&候補者による公開歌会】
我妻俊樹、大塚真祐子、斉藤斎藤、島なおみ、鈴木二文字、兵庫ユカ


★授賞式 第2回歌葉新人賞受賞者 斉藤斎藤

授賞式及び祝賀パーティー

※受賞の斉藤斎藤氏の歌集、次席の兵庫ユカ氏の歌集、
 ただいま【歌葉】にて製作進行中です。
 当日会場でお披露目することを予定しています。

◆参加費
シンポジウム 2,000円
授賞式パーティー 6,000円

◆参加申込先
風媒社宛て
メールでお申し込みください。
info@fubaisha.com

◆申込み記載内容
1) 申込みパート
*下記から1つお選びください。会費は当日いただきます。
(1)シンポジウム及び授賞式パーティー
(2)シンポジウムのみ        
(3)授賞式パーティーのみ      

2) お名前 所属グループ名
*メールのタイトルには「ニューウェーブ参加」とお書きください。

◆受付締切
7月21日(水)
*お席に限りがございますので定員になり次第締め切らせて頂きます。
 尚、満席の場合は当方よりご連絡を差し上げます。

◆主催:
風媒社
SS-PROJECT(荻原裕幸、加藤治郎、穂村弘)
コンテンツワークス株式会社

【歌葉】の歌集を購入ご希望の方は、
BookParkまでお願いいたします。
http://www.bookpark.ne.jp/utanoha/

それでは、みなさまのご参加を心からお待ちしております。


。,:*:・°☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。




[654] 先日は酔って失礼しました。 投稿者:大口玲子 投稿日:2004/06/11(Fri) 23:57
加藤さん、こんばんは。

先日の名古屋の現代短歌フェスティバル、大変楽しかったです。私は例によって飲み過ぎて、反省をしております。酔っぱらって、加藤さんにからんでいた記憶があります。本当に失礼しました。

「文藝春秋」7月号に私の短歌が載っていますが、そのうち一首は、加藤さんへのオマージュのつもりです。読んでいただけたらうれしいです。

酔っぱらっていない時は、まともなので、またお目にかかれますことを心待ちにしております。
(今は酔っぱらっております)

[654へのレス] Re: 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/06/12(Sat) 15:29 <HOME>

前川佐美雄賞の授賞式でお会いできるかな。

こんどは負けないぐらいよっぱらいます。


[652] NHK歌壇 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/06/09(Wed) 22:44 <HOME>
さて、このたびNHK歌壇(ETV)に、永田和宏さんのゲスト
として出演することになりました。

ゲストコーナーでは、選歌のことが話題になります。

この番組に出るのは4回目ですが、いつも緊張します。
(一箇所、変な声が出ました)


 放映は、6月12日(土)7時30分〜

 再放送は、6月17日(木)5時30分〜


です。

朝ちょっと早いですが、よかったらご覧ください。




[652へのレス] Re: NHK歌壇 投稿者:佐藤理江 投稿日:2004/06/10(Thu) 22:32 <HOME>
治郎さんこんばんは。

>放映は、6月12日(土)7時30分〜

おお!土曜でもこの時間はいつも起きています。
なんと実写版セーラームーンと同じ時間帯!

という訳であさっては子どもには
ゆっくり眠ってて頂くことにします。(笑)

[652へのレス] Re: NHK歌壇 投稿者:近藤かすみ 投稿日:2004/06/13(Sun) 23:42
治郎さん お久しぶりです。NHK歌壇、録画して見ました。進行役の方がネットでのご活躍のことを紹介されていました。思えば私も「うたう☆クラブ」で取り上げていただいたことで、すごくヤル気が出ましたし、ずっと続けています。縁は異なものといいますが、それを大事にして行きたいです。これからのご活躍を楽しみに見ています。私も頑張ります。

[652へのレス] Re: NHK歌壇 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/06/17(Thu) 00:44 <HOME>
どうも観てくださって、ありがとうございました。
ほんと、縁、ですね。

[650] 加藤治郎集 投稿者:並木夏也 投稿日:2004/05/30(Sun) 03:26 <HOME>
治郎さん、こんばんは。
 今夜はアサヒカルチャーセンターで、岡井さんが主催する朗読会に行ってきました。
 会場には、佐藤有希さんが朗読を聴きに来ていらっしゃいました。

 ところで治郎さんの現代歌人文庫(砂子屋書店)から発刊された『加藤治郎集』なのですが、
 わたしは治郎さんの歌集の中では、もっとも『昏睡のパラダイス』を愛読していますので、
 単行本では在庫が無い、と伺ったときに、何とか歌人文庫に「昏睡のパラダイス」が収まって、
 多くの人に読んでもらいたいと、一読者としても、短歌を作るひとりとしても、
 強く願っていたので、今回、「昏睡のパラダイス」が収まっている事は、とても嬉しく思っています。
 「昏睡のパラダイス」は、治郎さんの歌集の中ではもっとも愛読している歌集なので、
 ハードカバーの在庫がなくなった後、現代歌人文庫に収まっているというのは、わたしとしてはとても嬉しい事です。多くの人に読まれたいと願う一冊なので。

 ところで友人が、その治郎さんの「現代歌人文庫」に収まってる「昏睡のパラダイス」と、
 「ハレアカラ」の、並び順が、発刊の順に従わず、「ハレアカラ」より先に「昏睡のパラダイス」が先に載っている事にたいして、どこか不自然な違和感を感じている人がいるようなのですが、のそ、歌人文庫での歌集の掲載順を、先に「昏睡のパラダイス」を持ってきた事には、やはり何かしらの意図があってのことでしょうか。
 なにか、明確な理由があれば、ぜひ伺いたく思っています
 では、また。

[650へのレス] Re: 加藤治郎集 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/30(Sun) 08:43 <HOME>
どうもありがとうございます。
『昏睡のパラダイス』をという読者の声が多かったので、それを考慮した並び順です。
ぼくにとっては、どちらも愛着のある歌集です。

[647] 春日井先生のこと 投稿者:紫苑 投稿日:2004/05/25(Tue) 19:20
治郎くん、お通夜に来てくださったのね。ありがとう。私は今日告別式に行ってきました。先生の筋肉のうた、好きだったよね、治郎くん。さびしいね。

[647へのレス] Re: 春日井先生のこと 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/25(Tue) 23:36 <HOME>
うん。寂しい。
ちょうど春日井建論を書くことになっていたが、それが追悼号になるとは。

[644] 老婆(?)心ながら 投稿者:石井辰彦 投稿日:2004/05/21(Fri) 11:57
お顔のお皺には、日本ではロート製薬が発売している《オバジC》がお奨めです。実に使い心地のよい、優れた美容液ですよ。ちょっと高い(濃い方ので ¥8,000)けれど、半年近くもちますし……。ちなみに噂では、オバジ博士は、あの松田聖子さんの額の皺を消した偉大な先生なのだそうで、その時使われたお薬の普及版のレシピで作られたのが、件の《オバジC》なのだそうです。

[644へのレス] Re: 老婆(?)心ながら 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/22(Sat) 01:03 <HOME>
ありがとうございます。
最近は年金のことで頭がいっぱいで頭髪も70%白くなり皺は釘でひっかいたようにふかく坂をころがっているだけでそのオジンCいやオバジCの薄い方をためしてみたいとおもっています。



[644へのレス] でも、その方が…… 投稿者:石井辰彦 投稿日:2004/05/24(Mon) 16:41
顔に深い皺を刻み、頭には真っ白い霜を置く……。その方が、父親としては威厳があっていいかもしれませんね。ロマンスグレーは、御婦人方にも受けそうですし……。

春日井建さんは、そういう父親になることを拒否したままで、逝かれました。私もまた、父親となることは、今のところ諦めています。父親であるために何かを断念しているにしても、父親であることはやはり素晴しいことなのではないでしょうか? ともかく、春日井さんの御冥福をお祈りします。

[644へのレス] オバジの成分が違うよ! 投稿者:あきこ 投稿日:2004/09/20(Mon) 03:13 <HOME>
ロート製薬から出ているオバジは海外で売っているほんとうのオバジと成分が違います、本気でやるなら個人輸入した方がいい。

[641] 現代短歌文庫「加藤治郎歌集」 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/07(Fri) 10:29 <HOME>
こんにちは。

このたび、砂子屋書房から現代短歌文庫「加藤治郎歌集」が刊行されました。

『昏睡のパラダイス』『ハレアカラ』がそれぞれ完本で収録されています。

また、永田和宏氏、米川千嘉子氏、島田修三氏による「加藤治郎論」。

そして、私の岡井隆論をはじめ評論が3本収録されています。

ぎっしり3冊分のボリュームです!

本体1,600円。

購入を希望される方は、砂子屋書房さん
http://www2.ocn.ne.jp/~sunagoya/0404gatu.html

あるいは

直接加藤まで、お申込みください。
jiro.kato31@nifty.com


よろしくお願いいたします。




[638] こんにちは 投稿者:紫苑 投稿日:2004/05/05(Wed) 15:19
日記のつづきを読みたいな。岡井さんと穂村くんのトーク、とってもおもしろかったよ。治郎くんもいればよかったのに。

[638へのレス] Re: こんにちは 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/06(Thu) 16:20 <HOME>
こんにちは!
横浜ではゆっくり話せてよかったです。
またっ!


[637] はじめまして 投稿者:牧野芝草 投稿日:2004/05/01(Sat) 14:00 <HOME>
はじめまして。牧野芝草と申します。

半年ほど前からときどき日記を拝読していたのですが、
今日120000ヒットを踏んでしまったので
ご挨拶に参りました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(追伸)
先日の『フラジャイル』批評会でのお話、
とても興味深くうかがいました。
ありがとうございました。

[637へのレス] Re: はじめまして 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/06(Thu) 16:21 <HOME>
ありがとうございました。
自分でも意識しないうちに、記念すべき120000が過ぎました。
またお越しください。

[636] ガウディ 投稿者:からん 投稿日:2004/04/30(Fri) 17:36 <HOME>
こんにちは。先日はお会いできて嬉しかったです。
スミマセンが、お知らせ張らせてくださいね。
東京でこんなことやります。

幻の名歌集『刺青天使』でしられる大塚寅彦にじかに会える貴重な機会です。
一人でも多くの方のご参加をお願い致します。
パネラーも豪華ですよ。藤原さんに梅内さん、そして紫苑さんも。

このたび、我々の友人・大塚寅彦が第四歌集『ガウディの月』(短歌研究社)を刊行いたしました。これを機に、著者とパネラーの方々を囲んでこの歌集、および現代短歌を語る会を開催いたしたく思います。大勢の方の積極的なご参加をお願い申し上げます。
                        現代短歌・白の会

    ★ 大塚寅彦歌集『ガウディの月』を語る会

  パネラー
 藤原龍一郎 梅内美華子 古谷智子 水原紫苑 菊池裕 黒瀬珂瀾(司会) 

日時 6月19日(土) 午後1:00開場 1:30開始
会場 東京芸術劇場大会議室 (JR・西武・東武 池袋駅西口すぐ)
    http://www.geigeki.jp/  
参加費 1500円
発起人  現代短歌・白の会有志
  川田茂 菊池裕 都築直子 徳高博子 長谷川と茂古 堀田季何
  黒瀬珂瀾(代表)

★ 当日 5:30より「豆花」にて懇親会があります。ぜひご参加ください。
   http://r.gnavi.co.jp/g067051/  (会費4000円)

★歌集をお持ちでない方で、希望者にはコピーによる歌集抄をお送りします。
 『ガウディの月』は短歌研究社より発売中です。2415円
  http://www.mmjp.or.jp/TANKAKENKYU/ 

申し込み・お問い合わせは黒瀬珂瀾  
  karan@d1.dion.ne.jp
まで 
 A批評会・懇親会ともに参加 B批評会のみ参加 C懇親会のみ参加
 のどれかと、お名前、ご連絡先・電話番号を明記してお申し込みください。
会場準備の都合により、6月5日(土)までにお申込ください。

[636へのレス] Re: ガウディ 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/05/07(Fri) 10:30 <HOME>
寅ちゃん動き出しましたね!

兄弟子思いの珂瀾くんよ!


[634] 朝日カルチャー 投稿者:山田公子 投稿日:2004/04/11(Sun) 12:08
昨日は、大変聴きごたえのある講義をありがとうございました。残像的喩、過剰制
(張喩)についてはもっともっと、時間が欲しいと思いました。直喩、リフレイン
などなど、とても勉強になりました。
私は茂吉は塚本邦雄の『茂吉秀歌 百首』から学んでますが、ひょんなことから手
にした改造社 大正14年発行の自選集『朝の蛍』のあとがきの中にも北原白秋と
の強い交流を覗わせる文があったりして、その影響?呼応の作品は納得出来ました。

[634へのレス] Re: 朝日カルチャー 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/04/11(Sun) 15:49 <HOME>
どうも聴講ありがとうございました。

気がついたら一時間経過。のこり30分でした。

後半駆け足でしたね。


[632] 「短歌ヴァーサス」第3号、 投稿者:枡野浩一 投稿日:2004/03/21(Sun) 00:42 <HOME>
拝読しました。私とはちがう角度で、
「加藤治郎」に期待されている佐藤真由美は幸せだと思いました。
彼女の最新刊『恋する短歌』(集英社文庫)、
私には面白かったのですが、
いかがでしたか。

そういえば加藤さんに出した年賀状、
転居先不明で戻ってきてしまいました。
お手数ですが、
メールにて新住所をおしえていただけると幸いです。

[632へのレス] Re: 「短歌ヴァーサス」第3号、 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/03/21(Sun) 21:48 <HOME>
こんにちは。

『恋する短歌』いいですねー。

「お、ダブル真由美だな」ってところなんか、鮮やかで。



世田谷の方に送っていただいたんですね。

あの仕事場は、今となっては夢幻の如くなり。。。





[631] 『フラジャイル』批評会のお知らせ 投稿者:花笠海月 投稿日:2004/03/06(Sat) 23:27 <HOME>
 こんにちは。短歌人会の花笠海月と申します。
 この場をお借りして告知させてくださいね。

 加藤治郎さんがパネリストとして参加してくださいます批評会
のご案内をさせていただきます(よろしくお願いいたします)。

 短歌人会の仲間である佐藤りえさんの第一歌集『フラジャイ
ル』が昨年12月に風媒社さんより出版されました。来る4月
24日、有志による批評会を開催する運びとなり、わたくしめ
も佐藤りえさんのしもべとしてお手伝いしております。
 すてきな会になるよう鋭意準備中ですので、ご都合がつく方
はぜひいらして下さい。

 ここを御覧みなさまのご参加を心からお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

◇ちなみにリンク◇
   佐藤りえさんについてはこちら→ http://www.ne.jp/asahi/sato/dolcevita/
   歌集についてはこちら→ http://fragile.fun.cx/

-------------
           記
  佐藤りえ歌集『フラジャイル』批評会

※案内ページ
http://fragile.fun.cx/hihyoukai.html

【期日】平成16年4月24日(土) 13時開場
    批評会 13:30〜17:00 懇親会 17:30〜19:30

【会場】東京芸術劇場 中会議室 tel 03-5391-2111

【パネリスト】加藤治郎(歌人・『未来』編集委員)
       林 浩平(詩人・『mignon bis』編集人)
       櫂未知子(俳人・『銀化』同人)
       佐藤弓生(歌人・『かばん』同人)
    司会:藤原龍一郎(歌人・『短歌人』編集委員)

【懇親会会場】美人豚家(べっぴんや)池袋店 tel 03-59117400

【会費】  批評会 1,000円
      懇親会 5,000円

【発起人】 中地俊夫・小池光・松平盟子・荻原裕幸・東直子

申込み締切:4月18日
-------------
★★★ 申込みメール記載内容 ★★★

◇参加内容(下記から1つお選びください)
  (1)批評会+懇親会
  (2)批評会のみ
  (3)懇親会のみ

◇お名前(ふりがな)・御所属

※メールの件名は「フラジャイル批評会」とお書きください。

申込先/問合せ先:花笠海月 info_clerk@yahoo.co.jp

[629] 二月からの歌話会について 投稿者:並木夏也 投稿日:2004/02/26(Thu) 03:27 <HOME>
 なみきです。どうもです。

 「未来」二月号の、彗星集、治郎さんの編集後記に、二月から隔月で歌話会を、とありましたが、岡井選歌欄のわたしでも参加は可能なのでしょうか。

 参加が可能なら、日程等を教えていただけませんでしょうか。
(この会の情報は、MLで通知されている内部のものなのですか?)

 それではまた。

[629へのレス] Re: 二月からの歌話会について 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/02/26(Thu) 21:57 <HOME>
2月から彗星集の歌会としてスタートしました。オープンな企画もありますので、個別にご相談ください。では。

[628] 『O脚の膝』を語る会in通天閣 投稿者:川谷ゆき 投稿日:2004/01/29(Thu) 08:39
こんにちは。この度、北溟短歌賞を受賞された今橋愛さんをゲストに迎え
「今橋愛 歌集『O脚の膝』を語る会」を開催することとなりました。
正月、節分、雛祭りに続くイベント「今橋愛 歌集『O脚の膝』を語る会」に
是非、ご参加ください。

今橋愛 歌集『O脚の膝』(北溟社刊・1500円)をご希望の方には、
語る会当日にご精算していただくお約束で(歌集代金と送料)、
今橋さんから送付していただけることになっています。
書店でお買い求めになれなかった方でご希望の方は、ご一緒にお申し込み下さい。
(語る会には歌集をお持ちでない方も、気軽にご参加いただけます)



★ 「今橋愛 歌集『O脚の膝』を語る会」(北溟短歌賞受賞作品) ★

★ 日 時  2004年3月20日(土曜日) 14:40より受付

       批評会  15:00 〜 17:00
       懇親会  17:00 〜 19:00

★ 会 場  cocoroom(ココルーム)
大阪市浪速区恵美須東3-4-36 フェスティバルゲート409
tel&fax.06-6636-1662
       http://www.kanayo-net.com/cocoroom/index.html

★ 会 費  批評会: 2,000円
       懇親会: 4,000円

★ 主 催  Jの会

★ 申込先/お問い合わせ先:川谷ゆき patra@estate.ocn.ne.jp


★ 受付締切 3月10日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 申込み記載内容

@ 申込みパート

  *下記から1つお選びください。

  (1)語る会及び懇親会
  (2)語る会のみ
  (3)懇親会のみ

A お名前・所属
ご住所(歌集希望の方のみ)

B 歌集購入希望の有無

★メールタイトルには「O脚の膝を語る会参加希望」とお書きください。

[626] 将棋 投稿者:柳原栄三 投稿日:2004/01/20(Tue) 13:34
加藤先生こんにちは。
加藤先生は将棋の有段者とお聞きしました。僕も高校の時将棋部でした。
そこでどうでしょう「未来」会員による将棋大会とか・・・。
やはり無理かな、失礼しました。

[626へのレス] Re: 将棋 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/01/22(Thu) 01:48 <HOME>
こんにちは。

いちおう初段です。 

こんど一局、やりましょう!


[624] 新年ご挨拶 投稿者:佐藤理江 投稿日:2004/01/01(Thu) 19:20 <HOME>
と言うわけで、さっき年賀状出しましたの(笑)。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

[623] あけましておめでとうございます。 投稿者:加藤治郎 投稿日:2004/01/01(Thu) 16:54 <HOME>
穏やかな元旦です。

ことしも、「未来」彗星集、ラエティティア・SS-PROJECTの活動を推進します。

みなさんにとって素敵な一年でありますよう。

よろしくお願いいたします。










[623へのレス] 謹賀新年 投稿者:荻原裕幸 投稿日:2004/01/01(Thu) 20:54 <HOME>
いつもお世話になっております。(^^)
2004年もどうぞよろしくお願いします。



微調整しました。
▼MAP@ogihara.com
http://www.na.rim.or.jp/~ogihara/map.html
ご覧いただければ幸いです。

[622] きらきら短歌開催のご案内 投稿者:上田 投稿日:2003/12/02(Tue) 16:44 <HOME>
きらきら短歌事務局です。
現在、iモードを短冊にみたて短歌を詠むコンテスト「きらきら短歌」を開催いたしております。
このコンテストも今回5回目を迎えており、皆様から非常にご好評いただいております。
是非ご参加ください。
■タイトル
i短歌コンテスト「きらきら短歌」
■日程
応募 平成15年11月20日〜平成15年12月19日
投票 平成15年12月20日〜平成15年12月23日
審査結果発表 平成15年12月24日
■応募方法
iモードからのみ応募可能
■参加費
無料
■URL
iモード http://www.docomo-dml.com/ → 「イベント」 → 「きらきら短歌」
PC http://www.docomo-dml.com/tanka-info@manabi-i.net
 → 「きらきら短歌」
■問合わせ
きらきら短歌事務局 ドコモモバイルメディアラボ京都  担当上田
住 所 京都市下京区四条柳馬場京都フコク生命四条柳馬場ビル
電 話 075-254-3766
メール tanka-info@manabi-i.net

[621] エクリプス・ツアー東京★彡満員御礼 投稿者:加藤治郎 投稿日:2003/11/21(Fri) 00:00 <HOME>
こんにちは。

加藤です。


22日のエクリプス・ツアー東京、
出版クラブ近くの「膳の小路」というお店で、
20:00〜22:00まで、二次会がありまーす。

http://www.funachu.co.jp/zen_no_kouji/map_kagurazaka.html

会費3000円(飲み放題)です。

夜になればスケジュールが空くという方も、ぜひお越しくださいね。

★彡

さて、エクリプス・ツアー東京、おかげさまで、満席になりました。

現時点で、批評会に80名のお申し込み。
懇親会のみ出席という方が10名いっらしゃいますので、
延べ90名の会になる見込みです。

ほんとに、ありがとうございました!

批評会は、明日、会場にかけあって、椅子席(テーブルなし)を用意してもらおうと
思っています。
懇親会は、立食パーティー形式なのでまだOKです。

ということで、若干名受付いたします。 直接、加藤までお申し込みください。

21(金)23時までは
jiro.kato31@nifty.com

それ以降は
jiro1115@di.pdx.ne.jp

070-5586-2562
に。


なお、申し訳ございませんが、準備の進行上、当日配布予定の出席者リストにお名前
を記載できない場合がありますので、ご容赦ください。

よろしくお願いいたします。



☆。,:*:・ ★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。,:*:・°★。,:*:・°☆。


   記


◆ 日 時  2003年11月22日(土曜日) 13:30受付開始

  批評会  14:00 〜 17:30   
  懇親会  18:00 〜 20:00

◆ パネリスト(敬称略)

 Part 1  天道なお、松本典子、黒瀬珂瀾、佐藤りえ、荻原裕幸(司会)

 Part 2  島内景二、川野里子、坂井修一、穂村弘、池田はるみ(司会)

  
◆ 会 場  日本出版クラブ会館  
        (東京都新宿区袋町6 TEL 03-3267-6111)

◆ 会 費  批評会: 3,000円  懇親会: 6,000円 

◆ 主 催  未来短歌会有志・ラエティティア

-------------------------------------------------------------------

◆ 申込み記載内容

1) 申込みパート

*下記から1つお選びください。

 (1)批評会及び懇親会

 (2)批評会のみ

 (3)懇親会のみ

2) お名前 所属グループ名


*メールのタイトルには「エクリプス・ツアー東京参加」とお書きください。

それでは、みなさまのご参加を心からお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------
『ニュー・エクリプス』(砂子屋書房)
http://www2.ocn.ne.jp/~sunagoya/