[5378] 005:名前 井口瑛里 2004年03月16日 (火) 22時09分

この国の笑みこぼれたる乳飲み子よ 名前も知らぬ君に幸あれ

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/8788/index.html


[5377] 004:ぬくもり 井口瑛里 2004年03月16日 (火) 22時08分

水温む春に巻かれたマフラーの母のぬくもり首絞めつける

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/8788/index.html


[5376] 018:ロビー 五十嵐きよみ 2004年03月16日 (火) 22時05分

おたがいのTシャツの汗が乾くまでロビーのソファで解きゆくパズル

http://www.parkcity.ne.jp/~noma-iga/


[5375] 017:免許 五十嵐きよみ 2004年03月16日 (火) 22時05分

缶ビール分け合いながら仰ぐ空(いつかセスナの免許を取ろう)

http://www.parkcity.ne.jp/~noma-iga/


[5374] 010:チーズ 遠山那由 2004年03月16日 (火) 21時55分

毒入りのシャトー・マルゴーあおるならチーズまみれの接吻のあと

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5373] 055:日記 南野耕平 2004年03月16日 (火) 21時29分

きょうの日をゆっくりたたみこむように日記を閉じる ココガハジマリ

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/3325/


[5372] 031:肌 花鳥 佰 2004年03月16日 (火) 21時20分

おほき目でかほしげしげと見つめられこよひの肌荒れ悔ひつつ笑まふ


[5371] 030:捨て台詞 花鳥 佰 2004年03月16日 (火) 21時19分

舌根まで走りきたれる捨て台詞舌頭でかへし笑窪をつくる


[5370] 029:太鼓 花鳥 佰 2004年03月16日 (火) 21時18分

太鼓皮にのこる毛穴の不規則さにありありと見るアウシュビッツのいのち


[5369] 009:圏外 遠山那由 2004年03月16日 (火) 21時06分

愛深く食らえ 成層圏外に捨てた息子のふとももの肉

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5368] 008:姫 遠山那由 2004年03月16日 (火) 21時04分

母親の破片をトイレに流したら母にならない姫を探そう

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5367] 007:数学 遠山那由 2004年03月16日 (火) 21時01分

人あやめし娘にゼロを代入す家庭を守る数学序章

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5366] 006:土 遠山那由 2004年03月16日 (火) 20時58分

喪服着たままで寝なさい わたくしを凍らせた土を融かさぬために

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5365] 015:蜜柑 中西のぞみ 2004年03月16日 (火) 20時56分

聖橋夕日に向かって投げつける小(ち)さき蜜柑の奇跡は見えず


[5364] 013 2004年03月16日 (火) 20時53分

聞き終えしCDの裏側のごと彩られたる産経新聞


[5363] 014:オルゴール 中西のぞみ 2004年03月16日 (火) 20時51分

幼き日サンタにもらったオルゴール/開いてみたらパンドラの箱


[5362] 065:水色 矢嶋博士 2004年03月16日 (火) 20時29分

   2004年3月16日(火)午後7時30分。Ayumi Books田町店。『街道をゆく1』買う。マラソン[5056]記事、詞書補記のため。以下。朝日文庫版136頁、
−(あれが坂東人だ)
と、たとえばグルジャの山中でコサックの末裔を見たような、そういう感動をおぼえたが、その理由をうまく言いあらわせない。私の概念にある坂東人というのは自分のモラルを頑固にもっていて、ひどく生きづらそうに生きており、その生きづらいところに命をかけているようなところがある。あの老爺のばあい、たかがゼンマイになっているわけだが、ゼンマイ以外のものについてもおそらくああいう調子であるにちがいない。
司馬のの散文の見た目のなんとうつくしいことか。そのひらかなづかいの平易の見事さはどーだ!。まはだかに剥かれたひらがな。虚飾の皆無な(あたりまえか)。言葉(日本語)の画家・音楽家たるべき「歌人」のそれに遙か及ばない汚らしい表記に平然としているおおよその「歌人」は恥じ入るべきであろう。「うた」が「散文」に負けてどーする。すぐに古びてしまふ思想の領域ではなく永遠の根元的の響きのわれらがうたの領域において、散文のそれに敗けてゐるとは、「うたも末ぢやのー」。2003年初冬。淡路コーポ。

水色のちひさき傘のひらかれると雨がうれしい五歳隠しぬ

http://www2.odn.ne.jp/cdg94970/


[5361] 070:にせもの 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 20時28分

にせもののメシアが多い、この国でいつか死ぬのか俺もあいつも


[5360] 069:奴隷 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 20時25分

はつはるのrealityなるセンタクは罪の奴隷か禁欲への道


[5359] 068:傘 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 20時18分

受けいれぬ精神なくば敵ばかりつき刺す傘の、さきに、血痕


[5358] 016:乱 五十嵐きよみ 2004年03月16日 (火) 20時15分

乱丁の詩集のような生き方はこわくてきれい 森茉莉を読む

http://www.parkcity.ne.jp/~noma-iga/


[5357] 067:ビデオ 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 20時14分

思ひ出に異民族の悪まだあらず「ハンニバル」のビデオをながす


[5356] 066:鋼 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 20時12分

母親の鋼(はがね)のごとし母性愛 われにむけてもけふも答へず


[5355] 009:圏外 山川晃史 2004年03月16日 (火) 19時00分

一周目のみ先頭を突つ走り圏外に去る人のゐたりき


[5354] 005:名前 遠山那由 2004年03月16日 (火) 18時53分

愛情は込めずに述べよ臍の緒でくびり殺した弟の名前

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5353] 079:整形 みずき 2004年03月16日 (火) 18時51分

ぐるぐると魔性の布を硬く巻き弓手を吊す、おどろ整形


[5352] 004:ぬくもり 遠山那由 2004年03月16日 (火) 18時46分

冷めるほどのぬくもりはない手の中で絶えたばかりの鮎のくちびる

http://www.pp.iij4u.or.jp/~miwachan/


[5351] 009:圏外 芦田美香 2004年03月16日 (火) 18時44分

暮れなずむ大気圏外ひっそりと黄砂の向こうで息をひそめる


[5350] 078:洋 みずき 2004年03月16日 (火) 18時41分

洋梨へナイフ当つるや夜のとばり迫る残暑のふかき静寂(しじま)に


[5349] 008:姫 芦田美香 2004年03月16日 (火) 18時40分

姫達磨両目細めて妖艶に笑みたまいけり朱の衣纏い


[5348] 077:坩堝 みずき 2004年03月16日 (火) 18時39分

憤慨の坩堝に臥しつひと粒のなみだ微々たる思ひに零れ


[5347] 065:水色 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 18時25分

水色の絵の具掌(て)にしてシャガールよ天をゑがくか恋をゑがくか


[5346] 002:安心(訂正版) 浜田 2004年03月16日 (火) 18時24分

 安心は広告費込み全国紙二頁をアリコジャパンが占める

http://www.kulawanka.ne.jp/~hamada/


[5345] 064:イニシャル 宮崎 浩 2004年03月16日 (火) 18時22分

H・Mのイニシャルのあるデジカメは磔刑像の裸体をうつす


[5344] 002:安心 浜田 2004年03月16日 (火) 18時22分

 安心は広告費混み全国紙二頁をアリコジャパンが占める

http://www.kulawanka.ne.jp/~hamada/


[5343] 019:沸 中村悦子 2004年03月16日 (火) 18時20分

沸いても燃えぬあなたを誘う水辺から、煽惑、蠱惑、困惑、、、疑惑


[5342] 004:ぬくもり 長谷川と茂古 2004年03月16日 (火) 18時20分

何の音?した した した。亡きははの畳を伝ふぬくもりの音


[5341] 001:空 浜田 2004年03月16日 (火) 18時20分


 のりすごしホームに見送る終電車色即是空の界よりさめて

http://www.kulawanka.ne.jp/~hamada/


[5340] 003:運(再投稿) たなかたかと 2004年03月16日 (火) 18時14分

運命の赤い糸さえ我がものと手繰り寄せてるシャア・アズナブル


[5339] 030:捨て台詞 水島修 2004年03月16日 (火) 18時09分

捨て台詞投げて債鬼は帰りたりなたねの花の強くにおう夜


[5338] 061:高台 春畑 茜 2004年03月16日 (火) 17時57分

高台寺より遠ざかるわれの背にいまあたたかく子は眠りおり


[5337] 022:上野 足立尚彦 2004年03月16日 (火) 17時19分

我を診る白衣の名札は「上野」なり今宵詠むべき歌の題なり

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/9392/?


[5336] 021:胃 足立尚彦 2004年03月16日 (火) 17時16分

胃をいたみ医者にせかされ断つ酒をそれでも末に飲まむとぞ思ふ

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/9392/?


[5335] 076:降 みずき 2004年03月16日 (火) 16時48分

降りつのる雪のしらべを纏ひたる樹海は神の闇に鎮まる


[5334] 045:家元(再投稿) みずき 2004年03月16日 (火) 16時46分

枝葉きり、すっと挿す手にひらく百合いまもすずろに師なる家元


[5333] 007:数学 meiji 2004年03月16日 (火) 14時26分

三角や四角四面な数学に先生こころをそっと吹き込む


[5332] 100:ネット 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 14時23分

君と吾はインターネットで出会いきぬ「オフで会いたい」メールしたたむ


[5331] 099:絶唱 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 14時21分

カラオケで『天城越え』絶唱す力が入る「恨んでも恨んでも」


[5330] 098:溺 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 14時20分

溺れればわらをもつうかむことはなくただただ沈む誰か助けて


[5329] 009:圏外 近藤かすみ 2004年03月16日 (火) 14時13分

携帯をいまだに持たぬわたくしはこの世の中の圏外に居る


[5328] 006:土 荒川美代子 2004年03月16日 (火) 13時58分

湖岸からほたるいっせいにとびたって土のにおいのまじるくちづけ

http://y7.net/as_workshop/


[5327] 005:名前 荒川美代子 2004年03月16日 (火) 13時58分

蠢いて蠢いてしょうがないのよ名前さえしらないひととだきあう真闇

http://y7.net/as_workshop/


[5326] 004:ぬくもり 荒川美代子 2004年03月16日 (火) 13時58分

ぬくもりなんていまさら何いってんのとわらったシャツに耳おしあてる

http://y7.net/as_workshop/


[5325] 003:運 荒川美代子 2004年03月16日 (火) 13時58分

外海へ運河はゆるくそそがれてきりだせぬままつなぐ手しろく

http://y7.net/as_workshop/


[5324] 030捨て台詞 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 13時35分

一生に一度でいいから捨て台詞切ってみたいが切りたくもなし


[5323] 097:曖昧 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 12時57分

曖昧に心が病むと区別さるグレーゾーンに僕はいるよう


[5322] 096:類 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 12時56分

君と僕。同類項はあまたある決定的な違いは性差


[5321] 095:油 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 12時50分

この二人。水と油にたとえらるいざ交わりを洗濯石鹸


[5320] 015:蜜柑 山下 好美 2004年03月16日 (火) 12時27分

伊予のくに蜜柑色づくころにして自転車遍路の少年はゆく

http://www.hokuriku.ne.jp/utusemi/


[5319] 013:彩 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時26分

詞書:松栄堂の『彩雲』は裏千家大宗匠のお好みの品と聞いた

あかねさす日の高みへと『彩雲』を聞いた茶人の所作の極まる


[5318] 012:裸足 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時23分

辺境を裸足で踏みにじる仲になってしまった 杭を待つ土


[5317] 011:犬 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時22分

負け犬の遠吠えみたい。びょうびょうとさくらの衣を盗りきれぬ/風/


[5316] 010:チーズ 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時20分

くちづけがブルーチーズの味わいになるのでしょうか では、後の世で


[5315] 009:圏外 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時19分

ささがねの携帯電話の圏外の蜘蛛の子の散るようなさびしさ


[5314] 008:姫 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時17分

姫君の従者はつらい『アマン』とう薔薇にあわせて暖房を/切る


[5313] 007:数学 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時16分

数学の公式めいた愛撫でも÷きれぬのだ 抱かれたわけが


[5312] 006:土 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時15分

いくつものおとこの指にさぐられて肥沃な土になるのか、われは


[5311] 005:名前 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時13分

ぬばたまの夜の愛語のむすぶ実の生徒の名前読みあげてゆく


[5310] 004:ぬくもり 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時12分

(ひとりでも眠れるくらい)ぬくもりを忘れたころに降る春の雪。


[5309] 003:運 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時09分

手のひらの運命線の凸凹の道をたどって引越しをする


[5308] 016:乱 KADESH 2004年03月16日 (火) 12時07分

混乱の元はメディアにあるという三人(みたり)選ぶに四大会とは

http://agios.infoseek.livedoor.net


[5307] 002:安心 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時07分

安心を売る店にして制服のスカート丈を|ミ|シ|ン|で|詰|め|る|


[5306] 001:空 柳澤美晴 2004年03月16日 (火) 12時04分

 「ただ空を見つめていたい。」「そらに只みつめられたい。」ひっそりと梅


[5305] 007:数学 ひぐらしひなつ 2004年03月16日 (火) 12時02分

「二次(試験)の数学」を「虹の数学」と聞き間違えてはつなつになる

http://www2.spitz.net/hinatsu/


[5304] 029:太鼓 水島修 2004年03月16日 (火) 11時47分

ホロヴィッツは「戦争ソナタ」に怒り込め太鼓のように左手鳴らす


[5303] 018:ロビー 愛恵美(akemi) 2004年03月16日 (火) 11時31分

ロビーにはざわめく人のざわめきがだいじょうぶだと思えよ自分

http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Tulip/9830/


[5302] 017:免許 愛恵美(akemi) 2004年03月16日 (火) 11時31分

ゴールドの免許ぴかぴか光らせて今日も縁石ガリガリガリガリ

http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Tulip/9830/


[5301] 016:乱 愛恵美(akemi) 2004年03月16日 (火) 11時30分

愛されず掻きむしってる乱れ髪晶子になれぬ歌詠みもいる

http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Tulip/9830/


[5300] 016:乱 ゑつ子 2004年03月16日 (火) 11時18分

乱れ籠の浴衣のうえに鈴ひとつ置いたあるじはいまだ戻らず


[5299] 063:雷(再投稿) 矢嶋博士 2004年03月16日 (火) 11時15分

  2001年夏。淡路。

三歳とあゆみゆくにも暗雲きて雷(ライ)鳴るときに彼に寄りけり

http://www2.odn.ne.jp/cdg94970/


[5298] 005:名前 田中槐 2004年03月16日 (火) 10時57分

シンプルな名前のひとを呼ぶときに塩飴ほどの甘さを思う

http://www003.upp.so-net.ne.jp/enjugumi/


[5297] 094:遠 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 10時21分

ドライブで遠出をしよう高速で金沢福井京都大阪


[5296] 093:列 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 10時20分

行列ができているからついてみるでできたものは「なーんだこんなか」


[5295] 092:家族 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 10時13分

かねだせば買えるものあまたある家族ばかりはかねでは買えぬ


[5294] 091:埋 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 10時11分

埋もれたる我を発掘する人はどこから何時にやってくるのか


[5293] 090:木琴 畠山 拓郎 2004年03月16日 (火) 10時10分

木琴のごときしらべをかなでたる弥生のベットで君の吐息は


[5292] 021:胃 ももか 2004年03月16日 (火) 09時43分

朝毎のココアを容れて思春期の胃袋に染む母の繰り言

http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/3788/


[5291] 045:家元 原田 町 2004年03月16日 (火) 09時19分

万葉流家元からの戒めは「ああそうですかの歌など詠むな」


[5290] 044:ダンス 原田 町 2004年03月16日 (火) 09時18分

母の父ダンスインザダークの血を信じ馬券買いしがまたまた外れ


[5289] 024:ミニ 伊嶋淡々 2004年03月16日 (火) 08時59分

紅絹(もみ)もみし水っ洟まみれの顔拭うどこが鼻やらミニブルドッグ

http://blog.livedoor.jp/tantan234/


[5288] 016:乱 雛鳥 2004年03月16日 (火) 08時56分

乱切りの蓮根、牛蒡、人参がくつくつ煮えるリズムは和音


[5287] 016:乱 ふらっと 2004年03月16日 (火) 08時36分

乱暴に投げたことばにほんとうに傷ついたのはあなたではなく

http://homepage3.nifty.com/flat_m3/


[5286] 018ロビー 植松法子 2004年03月16日 (火) 08時36分

人を待つロビーの椅子の大き過ぎやわらか過ぎて我を呑み込む


[5285] 017免許 植松法子 2004年03月16日 (火) 08時35分

尖りゆく圭角おのずと持ち重るご免許してなんぞ言えない


[5284] 016乱 植松法子 2004年03月16日 (火) 08時34分

乱がわしきまで香を放つ沈丁花夕暮れの道冷えびえとして


[5283] 035ニ重 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時50分

ハワイでも珍しニ重の虹仰ぎ来布の友の瞳に涙


[5282] 034ゴンドラ 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時46分

棹をさすゴンドラ船頭若者の歌声の中カメラに治む


[5281] 033半 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時43分

紫の刺繍の厚き半襟を揮発油で拭く母の仕草顕つ


[5280] 032薬 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時41分

心臓とコレストロール糖尿と薬にうずもり日々を生き抜く


[5279] 031肌 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時38分

若き日は日がなニキビに悩まされ今また小皺に肌撫でやまぬ


[5278] 030捨台詞 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時35分

一生に一度でいいから捨台詞切ってみたいが切りたくもなし


[5277] 029太鼓 亀田佳子 2004年03月16日 (火) 07時29分

乙女らの太鼓の撥と掛け声に交わりたきよハワイの舞台


[5276] 064:イニシャル 矢嶋博士 2004年03月16日 (火) 06時47分

   2004年3月16日(火)午前6時30分。東京都港区芝。ロビンソン・クルーソー洞窟。

y. h(わいえつち)のイニシャル入りの一生(issei miyake)のカッターシャツの夢ありといはなくに

http://www2.odn.ne.jp/cdg94970/


[5274] 062:胸元 矢嶋博士 2004年03月16日 (火) 04時29分

   2004年1月28日(水)午後7時10分。田町EXCELSIOR CAFFE。

東京のをんなが胸元うるはしきブラジャーの値(あたひ)高からん装着(つ)けむ

http://www2.odn.ne.jp/cdg94970/


[5273] 004:ぬくもり 那須ゆーや 2004年03月16日 (火) 02時10分

散歩道ぬくもり見つけ匂い嗅ぎ口にふくめば白くクズれる


[5272] 010:チーズ 櫂未知子 2004年03月16日 (火) 01時44分

「ミチが笑つた」と父は日記に書いてゐた チーズ食べつつ少うし泣いた


[5271] 006:土 渡辺百絵 2004年03月16日 (火) 01時38分

両手の指で土をつかんであたたかな前世の指を甦らせる

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/2527/


[5270] 005:名前 渡辺百絵 2004年03月16日 (火) 01時29分

くちびるを湿らせるようにつぶやけばあたしの水を震わす名前

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/2527/


[5269] 075:あさがお みずき 2004年03月16日 (火) 01時16分

あさがほの夜ひらく時ひと恋ふといふ髪ふうわり広げゆふがお


[5268] 074:キリン みずき 2004年03月16日 (火) 01時15分

森の木々縫って空ゆく首を振るキリンへ耳のふたぁつ戦ぎ


[5267] 073:廊 みずき 2004年03月16日 (火) 01時14分

くるくると雪舞ふ山の回廊のしらしら明けし目覚めましろく


[5266] 072:海老 みずき 2004年03月16日 (火) 01時13分

活け海老の皮はぐ指の跳ねあぐる一瞬ぎーと軋むくりや戸


[5265] 005:名前 廣島屋 2004年03月16日 (火) 01時05分

名前のみ呪文のやうに唱へつつスメアゴルのだあのいとしいしと

http://homepage3.nifty.com/hiroshimaya/


[5264] 034ゴンドラ 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時55分

ゴンドラに乗りしことなし酒飲みて湯舟に浮かぶ気分ぞたぶん


[5263] 004:ぬくもり yuki 2004年03月16日 (火) 00時55分

明け方にベッドに残すぬくもりが名残惜しいけどもう行かなくちゃ


[5262] 033半 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時54分

日と月と同じ野にある夕まぐれ半陰陽の客引くもゐて


[5261] 032薬 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時52分

薬とはそもそも毒ぞ副作用なきは作用もなきものと知れ


[5260] 03:運命 たなかたかと 2004年03月16日 (火) 00時52分

運命の赤い糸さえ我がものと手繰り寄せてるシャア・アズナブル


[5259] 031肌 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時51分

髪の色肌の色変へそんなにもニツポンといふ縛りが嫌か


[5258] 030:捨て台詞 文平字 2004年03月16日 (火) 00時50分

捨て台詞並べ吐きつけ背を向けて別れる相手いないこの頃


[5257] 030捨て台詞 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時50分

ひよつとしてあれが捨て台詞だつたの良くも悪くも響きやしない


[5256] 029:太鼓 文平字 2004年03月16日 (火) 00時49分

撥ひとつ 破れ太鼓に月かさね つけば零れる艶やかな音が


[5255] 028:着 文平字 2004年03月16日 (火) 00時49分

漂流し着いた島にてこの渇き葉から零れる露で潤し


[5254] 027:天国 文平字 2004年03月16日 (火) 00時48分

日曜日歩行者天国他の日は歩行者地獄然ういう仕組


[5253] 029太鼓 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時48分

春空のどこかに太鼓聞こゆなり雪解けの川渡りて行かな


[5252] 026:芝 文平字 2004年03月16日 (火) 00時47分

芝草の敷布掴んで曝け出す 我等の姿 見よ 蒼天よ


[5251] 025:怪談 文平字 2004年03月16日 (火) 00時47分

真夜中に弟起こし怪談を話し聞かせた優しい兄貴


[5250] 028着 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時46分

ふたつ並べいづれを艶と問はるれば裸のマハより着衣のマハを


[5249] 024:ミニ 文平字 2004年03月16日 (火) 00時46分

ドミニカの隣で人が同化する 虚ろなるその夕影の地に


[5248] 027天国 倭をぐな 2004年03月16日 (火) 00時45分

死んでからこれまで生きてきた日々を天国だつたと思ふんぢやないかな


[5247] 023:望 文平字 2004年03月16日 (火) 00時44分

息の緒の切れる間際に笑むことが望みだけれど叶わずに居る


[5246] 022:上野 文平字 2004年03月16日 (火) 00時44分

上野から列車に揺られうつらうつら朝焼け浴びて上野で降りる


[5245] 021:胃 文平字 2004年03月16日 (火) 00時43分

毎晩と俺に無理矢理呑まされて気の毒な奴俺の胃袋


[5244] 007:数学 落合和男 2004年03月16日 (火) 00時06分

排気瓦斯を見つめる雉子は身じろがず数学者より赤い眼のふち

http://www4.zero.ad.jp/kz_ochiai/


[5243] 006:土 落合和男 2004年03月16日 (火) 00時05分

すたれゆく祠に風がぴゅうと鳴り土着の神がだれか呼ぶ笛

http://www4.zero.ad.jp/kz_ochiai/


[5242] 015:蜜柑 五十嵐きよみ 2004年03月15日 (月) 23時59分

不器用な指にあらわにされる夏蜜柑の中のちいさな太陽

http://www.parkcity.ne.jp/~noma-iga/


[5241] 014:オルゴール 五十嵐きよみ 2004年03月15日 (月) 23時59分

  (2)天国にいちばん近い街  

オルゴールがふいに鳴り出す火曜日の燃えないゴミの山のどこかで

http://www.parkcity.ne.jp/~noma-iga/


[5240] 018:ロビー 中村悦子 2004年03月15日 (月) 23時47分

(オランダ・スキポール空港で)
空港のロビーに向かう人々は個の輪郭もくっきりとして


[5239] 004:ぬくもり(再投稿) 落合和男 2004年03月15日 (月) 23時45分

遠火事の裸婦画のごとき赤き火はわが両頬のぬくもりの元(もと)

http://www4.zero.ad.jp/kz_ochiai/


[5238] 028:着 花鳥 佰 2004年03月15日 (月) 23時44分

大正の夭逝佳人になれかしと友禅古着いちまい届く


[5237] 059:矛盾 福田 睦美 2004年03月15日 (月) 23時28分

矛盾といふ熱さ寒さを浮かべをり 川のせせらぎ滝となるまで


[5236] 012:裸足 2004年03月15日 (月) 23時26分

この声が届かぬ朝も 人魚姫の痛む裸足で踊らせないで

http://www31.tok2.com/home/ougaku/


[5235] 002:安心  久野はすみ 2004年03月15日 (月) 23時22分

安全といわれるたびに安心は遠のく 風に揺れるゆりかご


[5234] 058:八 福田 睦美 2004年03月15日 (月) 23時22分

八月は燃えよ立たしめよと燦燦と力漲る土と木の声


[5233] 057:表情 福田 睦美 2004年03月15日 (月) 23時16分

言ひすぎてかへりみすればこはれゆくやうな瞳の表情 痛き


[5232] 001:空 久野はすみ 2004年03月15日 (月) 23時14分

どこからか春のソプラノ流れつき曇っているのに明るい空だ


[5231] 023:望 伊嶋淡々 2004年03月15日 (月) 23時12分

大原野に西行桜尋ね侘ぶいまはた癒えし自死の願望

http://blog.livedoor.jp/tantan234/


[5230] 013:彩 夏瀬佐知子 2004年03月15日 (月) 23時10分

太陽よいちばんおおくなにいろに彩色されてぬりつぶされた?

http://www.santa.jp/c-child/donguri/diary.html


[5229] 011:犬 2004年03月15日 (月) 23時04分

想う自由想わぬ自由空高く犬のごとくに引き摺られゆく

http://www31.tok2.com/home/ougaku/


[5228] 008:姫 emi 2004年03月15日 (月) 22時57分

いつまでもこだわった夏 姫女苑 河原撫子 君まで揺れて

http://www.tcp-ip.or.jp/~shibatae/index.htm


[5227] 003:運 田丸まひる 2004年03月15日 (月) 22時55分

信じない! 運命の赤い糸だってこんな縛られ方じゃ足りない

http://replicaprince.easter.ne.jp/


[5226] 013:彩 奥村 智子 2004年03月15日 (月) 22時51分

新品の水彩絵の具ひねりつぶす勇気さへ無くたたまれた縁


[5225] 006:土 日向寺みづほ 2004年03月15日 (月) 22時49分

穴に入る されども土に還ること許されぬままかごめの鳥は


[5224] 012:裸足 奥村 智子 2004年03月15日 (月) 22時46分

ブランコに裸足の風が追い越して笑い微かに耳をくすぐる


[5223] 054:リスク 南野耕平 2004年03月15日 (月) 22時46分

その程度なのねあんたのとるリスクへっぴり腰で見てられないわ

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/3325/


[5222] 053:墨 南野耕平 2004年03月15日 (月) 22時44分

墨を吐く蛇っていたら恐いよねイカスミで歯を染めながら〜君

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/3325/


[5221] 052:部屋 南野耕平 2004年03月15日 (月) 22時37分

シクラメン買ってきたけどこの部屋に足りないものは花じゃなかった

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/3325/


[5220] 011:犬 鈴木貴彰 2004年03月15日 (月) 22時07分

赤犬は黒犬よりも白よりも臭みがないとつぶやきながら

http://www.sakuhin-ichiba.com/index.php


[5219] 010:チーズ 鈴木貴彰 2004年03月15日 (月) 22時07分

罪ぶかき五指は尖りて熱こもるチーズの内部(なか)に侵入しはじむ

http://www.sakuhin-ichiba.com/index.php


[5218] 004:ぬくもり 青山洸 2004年03月15日 (月) 21時50分

ぬくもりの言葉と言葉がぶつかって僕は忘れない魁志のことを


[5217] 045:家元 深森未青 2004年03月15日 (月) 21時43分

家元となりて三味(しゃみ)弾く友人よ芸になやめよ悶えくるへよ


[5216] 044:ダンス 深森未青 2004年03月15日 (月) 21時34分

つづまりは足断崖を離(か)るまでのダンスひと世を踊らむ哉いざ


[5215] 043:濃 深森未青 2004年03月15日 (月) 21時29分

山々に侵されずある蒼穹を見し濃尾平野わがアルカディア


[5214] 066:鋼再投稿)  みずき 2004年03月15日 (月) 21時16分

真つ青な鋼板はりて凍つ空へひりり傷みし夕べ(よべ)の疵あと


[5213] 061:高台 矢嶋博士 2004年03月15日 (月) 21時12分

2004年03月15日(月)21時01分。事務所。

高台に戦争津波疫病貧乏貧困病者殺人見過ごすべく立候補せし

http://www2.odn.ne.jp/cdg94970/


[5212] 015:蜜柑 KADESH 2004年03月15日 (月) 21時01分

春なのに僕は冷めてるしわしわの蜜柑の皮を刻んでた夜

http://agios.infoseek.livedoor.net/


[5211] 038:連(再投稿) 深森未青 2004年03月15日 (月) 20時54分

白樺にのぼりかくれし幼な日のひかり連綿牽き連れてゐる


[5210] 003:運 長谷川と茂古 2004年03月15日 (月) 20時44分

開運間違ひなしとぞその笑顔消ゆることなきチェシャ猫の像


[5209] 011:犬 立花るつ 2004年03月15日 (月) 20時04分

ドレス着て<小犬のワルツ>弾いた日の雨の匂いとすき焼きの味


[5208] 010:チーズ 立花るつ 2004年03月15日 (月) 20時02分

投げ出してしまいたいもの握りしめ裂きチーズ更に細く細く裂く


[5207] 046  練 美濃和哥 2004年03月15日 (月) 20時01分

洗練の極なる和歌はつまらなく富士あかねさす元朝のごとし

http://


[5206] 039:モザイク 伊波虎英 2004年03月15日 (月) 20時00分

いくら目を細めて見てもモザイクの向かうの魔羅だ金正日(キムジョンイル)は


[5205] 009:圏外 立花るつ 2004年03月15日 (月) 20時00分

一斉に笑い声湧く会場で圏外にいる私を見つめる


[5204] 028:着 水島修 2004年03月15日 (月) 19時58分

深酒をして帰っても父なればしっかりパジャマに着替えてねむる


[5203] 069:奴隷(再投稿) みずき 2004年03月15日 (月) 19時55分

さくさくと刻む味噌ねぎ忍び泣く夜の奴隷へ朝日まぶしく


[5202] 051:痛 廣西昌也 2004年03月15日 (月) 19時53分

(やうやうに後頭葉は曙ぞ赤子の空を飛びゆく魔法)
くらやみにただ痛みのみあるごとくヒトデを棒でつつきをりけり


[5201] 071:追 みずき 2004年03月15日 (月) 19時50分

追憶はときとして獣身を咥えあの森へ連れこみ苛(さいな)むわ あゝ


[5200] 038:連 伊波虎英 2004年03月15日 (月) 19時50分

< 伴天連 > と落書きされたザビエルの瞳の先に暮れる校庭


[5199] 070:にせもの みずき 2004年03月15日 (月) 19時48分

にせものか貴人怪人跳梁のバーチャルゾーンへ万感はしる


[5198] 050:おんな 廣西昌也 2004年03月15日 (月) 19時47分

(ヘルメット被りたる小野洋子の眼。一重だつたか二重だつたか)
広角のレンズアップに映りつつをんなががキス・キス・キスの口唇


[5196] 068:傘 みずき 2004年03月15日 (月) 19時42分

引こづらふ情けの傘を広げたる逢魔が時の辻いざる雨


[5195] 018:ロビー 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時40分

ロビーには待ち合わせてる人たちの秘密の輪っか浮かぶたそがれ


[5194] 067:ビデオ みずき 2004年03月15日 (月) 19時39分

心奥の洞おと叩く妖艶を硬きビデオがかもすひと時


[5193] 017:免許 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時38分

免許センター右2番目ボックスが検査穴場と眼科医教える


[5191] 016:乱 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時37分

最初で最後のお手紙ですので乱筆乱文ごめんください


[5190] 015:蜜柑 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時36分

斜面咲く蜜柑の花をちりばめて日の出のころにどうかおくって


[5189] 014:オルゴール 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時34分

せめてオルゴールうたえ走るあなたのキャサリン・ロスでありたかった


[5188] 013:彩 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時33分

流行りものは彩りのない箪笥だと観音開きみてわらう母


[5187] 012:裸足 唐津いづみ 2004年03月15日 (月) 19時31分

裸足の指の隙間から流れてしまう寒いお母さん呼べない


[5186] 006:土 ひぐらしひなつ 2004年03月15日 (月) 19時28分

さっきまできみがすわっていた土に夏のひかりはのこされたまま

http://www2.spitz.net/hinatsu/


[5185] 017:免許 中村悦子 2004年03月15日 (月) 19時20分

太陽の操縦免許取り立てて今日はちょっぴり昼間が長い


[5184] 020:遊 中村成志 2004年03月15日 (月) 19時19分

幼子のライダーキック顎に受け「遊び」拳に言い聞かす我

http://www003.upp.so-net.ne.jp/haihoo/


[5183] 022:上野 津和 歌子 2004年03月15日 (月) 19時10分

上野駅できみが笑っていたことも夏の上野も思い出せない

http://blog.livedoor.jp/wankowanko2


[5182] 020:遊 文平字 2004年03月15日 (月) 18時48分

遊びだと君は笑って言うけれど んゝなはずない んまちがいない


[5181] 019:沸 文平字 2004年03月15日 (月) 18時48分

沸沸と溢れ零れるこの思いグラスに注ぎジンで割り呑む


[5180] 018:ロビー 文平字 2004年03月15日 (月) 18時47分

コノボクノココロビードロ虹イロノ コロベバワレテドロリ血ミドロ


[5179] 017:免許 文平字 2004年03月15日 (月) 18時47分

免許証の写真が笑顔の人はこの日本の中で鶴瓶ひとり